ローヤルゼリーに疲労回復効果はある?

前へ
次へ

美肌をサポートすることで有名なローヤルゼリーですが、実は疲労回復にも高い効果があります。 この記事では、ローヤルゼリーに含まれている疲労回復に効果的な成分をご紹介します。

ローヤルゼリーに含まれる疲労回復に効果的な成分

タウリン

タウリンは、エナジードリンクによく配合されている成分として有名です。そのため、疲労回復に効果があるという認識を持っている方も多いのではないでしょうか。 タウリンは、心臓や中枢神経系に多く存在する成分で、様々なタイプの疲労に効きます。

脳の疲労の回復

脳疲労の主な原因は、脳に十分な血液が回らないためと言われています。脳に血液を多く送るために有効な方法は血圧を下げることです。タウリンは血圧を下げる効果があるため、脳の疲労を回復させる効果があるのです。

精神的疲労の回復

タウリンは、脳内の神経伝達物質であるグリシン受容体の働きをよくします。グリシン受容体は興奮を抑え、不安を軽減させる働きをするため、精神的な疲労を回復させます。 また、タウリンは人間の体の多くの場所に分布している天然アミノ酸であるGABA(ギャバ)受容体を活性化させます。GABAは脳などで神経伝達物質として働き、神経のたかぶりを抑え、リラックスを促す効果があるため、精神的疲労の回復に効果があります。

身体的疲労の回復

タウリンには、肝臓の機能を高める効果があります。肝臓は、デトックスや体の代謝に密接に関係している臓器のため、肝臓を強くすることにより、疲れにくい体を作ることができます。

アスパラギン酸

アスパラギン酸は、疲労物質である乳酸をエネルギーに変える働きをするため、疲労回復に効果があります。 また、アスパラギン酸は体内で発生した毒素を排出させる機能もあります。毒素が体内にとどまり続けると、体に負担をかけ、疲労の原因になるため、スムーズに排出することが重要です。 さらに、アスパラギン酸は、興奮性の神経伝達物質でストレスに対する抵抗力を高めるとも言われています。

パントテン酸を含むビタミンB群

ビタミンB群は、炭水化物、脂質、タンパク質などをエネルギーに変える際に重要な働きをします。そのため、ビタミンB群が不足すると、エネルギーをうまく作り出せなくなった結果、疲れやすい体になってしまいます。

カリウム

カリウムは、筋肉をスムーズに動かす役割があります。そのため、細胞内のカリウムが少なくなると、体が思うように動かず、疲れたと感じるようになります。

マグネシウム

マグネシウムは、脂質や糖質をエネルギーに変えるサポートをする栄養素です。不足すると、体内でうまくエネルギーが生成されなくなり、疲労を感じるようになります。

ロイシン

ロイシンは必須アミノ酸のひとつで、肝臓の働きを良くする効果があります。肝臓は、グリコーゲンをエネルギーに変換させる臓器なので、肝臓の働きをサポートすることは、疲労回復につながります。

イソロイシン

ロイシンと同じく、イソロイシンも必須アミノ酸のひとつです。筋肉を強くしたり、肝機能の働きをサポートしたりすることによって、疲労回復に貢献しています。

バリン

バリンは体内で作ることのできない必須アミノ酸です。体の毒素となるアンモニアの代謝を促進する効果があります。また、食欲不振の改善も期待できるため、疲労回復をしたい時に摂取するとよい栄養素です。

アセチルコリン

アセチルコリンは、脳内にある神経伝達物質です。アセチルコリンの働きが悪くなると、交感神経と副交感神経をスムーズに切り替えることができなくなります。その状態が続くと、精神が不安定になり自律神経失調症などの病気にかかってしまうこともあります。 その結果、不眠症になったり、日中も集中出来ず、常に疲れていたりするような状態になります。 アセチルコリンを摂取することによって、精神的な疲労を回復し、結果的に肉体的な疲労も回復できるのです。

まとめ

ローヤルゼリーには、肉体的な疲労回復だけでなく、精神的な疲労回復に効果がある栄養素が多く含まれています。 疲労回復をするためにしっかり寝たいのに、眠れないなど疲労蓄積の悪循環におちいってしまっている方にローヤルゼリーは効果的です。 また、疲労がたまりにくい体にする効果もありますので、疲労を防ぐ目的で摂取することもおすすめです。

ページのトップへ戻る